株式用語辞典(さ行)


先物取引
将来の売買について、あらかじめ現時点で売買の価格や数量などを約束をする取引のこと。前もって売買の価格を決めておくことができるので、価格変動リスクを回避できるという利点がある。


指値
株式の売買注文を出す際に、売買価格を明示して注文をすること。


ザラバ
寄り付きから引けの間の時間帯のこと。


自己資本利益率(ROE)
企業の自己資本に対する当期純利益の割合のこと。投資家が、投下した資本に対し、企業がどれだけの利潤を上げられるのかの判断をするための一つの指標。


自社株買い
企業が自社の資金を使い、株式市場から過去に発行した自社の株式を買うこと。市場から自社の株式を買い入れて消却する場合は、企業の発行株数が減少し一株当たりの利益が向上することで、株主の価値を高めることにつながる。


システム売買
コンピュータプログラム等を使い、一定のルールに従って株の売買を行うトレード手法のこと。


資本金
株式発行により出資者である株主から払い込まれた金額のうち、資本金へ組み入れた金額のこと。


剰余金
企業会計の場合の剰余金の意味は、会社の純資産額である自己資本のうち、法定資本である資本金を超える部分のこと。


申告分離課税
確定申告の段階で他の所得と合算せず分離して課税する制度で、所得が発生した時点では所得から天引きされない。申告分離課税の対象となっている所得の代表例としては株式の売買益がある。


信用売り
株式投資の信用取引において、株券を証券会社から借りて株を売ること。売値よりも安い価格で買い返済することで、売値と買値との差額分が利益となる。


信用買い
株式投資の信用取引において、購入資金を証券会社から借りて株を買うこと。


信用掛け目
信用取引において、証券会社に差し出す委託保証金に代用有価証券を用いる際に、個々の銘柄の担保価値をパーセンテージで表したもの 。


信用取引
委託保証金を担保に証券会社から資金や株を借りて行う株式投資のこと。


スイングトレード
数日から1週間程度、株を保有して短期に売買を繰り返し、細かく利益を稼ぐ投資方法のこと。


ストックオプション
取締役や従業員に対して企業の発行する株式をあらかじめ定めた価額で買い取ることができる権利を付与する制度のこと。企業業績が向上し、株価が上がればより高い利益を得ることができるので、従業員のモチベーションが上がる効果が期待出来る。


スワップ
2者間で同じ価値をもつ将来の一連のお金の流れを交換する取引。金利スワップと通貨スワップが有り、金利スワップは、同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引で、元本の交換はしない。通貨スワップは、異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引で、元本の交換をする取引。


制度信用取引
品貸料や弁済の期限(6か月以内)が取引所規則で決定されている信用取引のこと。


整理ポスト
上場廃止が決まった銘柄を売買するポストのこと。


増資
資本金を増加させること。増資は資金調達等を目的とした新株発行によりおこなわれることが多く、新株発行を指して増資ということもある。

Copyright© 2011-2016 株式投資情報なら別府孝男の株式会社ノーブル All Rights Reserved.
ページのトップへ